矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.34-Mo-35454
タイトル 犯罪心理学|再犯防止とリスクアセスメントの科学
版表示 初版1刷
著者・編者 森丈弓 著
チョシャ・ヘンジャ モリ タケミ
ページ vii; 239p
サイズ 22cm
出版元 ナカニシヤ出版
出版地 京都
出版年月日 20170315
件名1 犯罪心理学
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7795-1151-6
注記 引用文献あり/事項索引・人名索引あり|英語タイトル: Criminal Psychology: The Psychology of Preventing Recidivism and Risk Assessment
内容細目1
はじめに 〈pi〉
第1章 リスクアセスメントの現状及び理論 〈p11〉
1.1 リスクアセスメントとは何か 〈p2〉
Topic1 犯罪者処遇の現場と再犯 〈p16〉
1.2 リスクアセスメントの原則 〈p20〉
Topic2 処遇の逐次投入は良策か? 〈p40〉
第2章 リスクアセスメント発展の歴史 〈p41〉
2.1 第1世代のリスクアセスメント 〈p42〉
2.2 第2世代のリスクアセスメント 〈p45〉
Topic3 官学連携のすゝめ 〈p61〉
2.3 第3世代以後のリスクアセスメント 〈p62〉
Topic4 RNRからGLMへ 〈p73〉
第3章 少年用サービス水準/ケースマネジメント目録について 〈p75〉
3.1 少年用サービス水準/ケースマネジメント目録の構成 〈p76〉
3.2 YLS/CMIのリスク得点と仮想事例に基づく臨床像 〈p79〉
3.3 スコアリングの基準について 〈p82〉
3.4 YLS/CMIの信頼性及び妥当性に関する海外の研究例 〈p86〉
Topic5 法務省式ケースアセスメントツール(MJCA) 〈p88〉
第4章 我が国の非行少年を対象としたYLS/CMIを用いた再犯分析 〈p91〉
4.1 再犯分析の目的 〈p91〉
4.2 再犯分析の分析の方法と手続き 〈p94〉
4.3 再犯分析と課題及び仮説検証の結果 〈p99〉
Topic6 リスクアセスメントツールは必要か? 〈p125〉
第5章 課題についての論考及び少年保護法制への示唆 〈p127〉
5.1 非行性の検証について 〈p127〉
5.2 再犯とリスク段階の関係について 〈p135〉
5.3 より正確なリスク段階の関係について 〈p135〉
5.4 施設内処遇の効果検証について 〈p139〉
5.5 各領域が再犯に与える影響の分析について 〈p141〉
Topic8 リスクアセスメントツールにおける動的リスク要因 〈p144〉
第6章 プログラム評価と効果検証 〈p147〉
6.1 プログラム評価 〈p148〉
6.2 再犯防止に資するプログラム評価 〈p158〉
6.3 犯罪者処遇における効果検証の実際 〈p171〉
6.4 犯罪者処遇において注意すべき施策上の観点 〈p181〉
Appendix 生存時間分析の数理 〈p187〉
A.1 生存関数 〈p188〉
A.2 ハザード関数 〈p194〉
A.3 カプランマイヤー推定法 〈p201〉
A.4 Coxの比例ハザードモデル 〈p206〉
A.5 決定木による分析 〈p215〉
A.6 確率関数・確率密度関数・分布関数 〈p〉217
Topic9 統計学に必要な数学知識 〈p222〉
引用文献 〈p223〉
あとがき 〈p233〉
索引 〈p235〉