矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 320.4-Ya-35444
タイトル 西田典之先生献呈論文集
版表示 初版1刷
著者・編者 山口厚 編|佐伯仁 編|今井猛嘉 編,橋爪隆 編
チョシャ・ヘンジャ ヤマグチ アツシ|サエキ ヒトシ|イマイ タケヨシ, ハシヅメ タカシ
ページ xxii; 578p
サイズ 22cm
出版元 有斐閣
出版地 東京
出版年月日 20170302
件名1 西田典之
件名2 刑法-論文集
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-641-13918-3
注記 著作目録あり 年譜あり
内容細目1
犯罪論における「構成要件の重なり合い」の規範的・機能的分析(高橋則夫) 〈p1〉
実行行為概念について(樋口亮介) 〈p19〉
西田教授の身分犯論(小林憲太郎) 〈p53〉
犯罪の成立要件と非刑罰法令―特に要保護性について(伊藤渉) 〈p65〉
欺きによる殺人罪〈刑法199条〉成否の判断―法益関係的錯誤説とは何だったのか?(鈴木左斗志) 〈p91〉
業務上過失・自動車運転過失の加重根拠(古川伸彦) 〈p115〉
中止の共犯について―真摯な努力と中止の任意性(和田俊憲) 〈p137〉
過失共同正犯再考(山口厚) 〈p155〉
絶滅危惧種としての教唆犯(佐伯仁志) 〈p171〉
刑法理論から見た死刑存廃論(井田良) 〈p199〉
中国における量刑標準化改革―最高人民法院の「多発する犯罪に関する量刑指導意見」を中心に(金光旭) 〈p221〉
狭義の「暴行」概念について(只木誠) 〈p243〉
PTSDの発症と傷害―最高裁平成24年7月24日決定を契機として(林美月子) 〈p265〉
現行刑法下戦前期における性犯罪規定の立法・判例・解釈論(嶋矢貴之) 〈p283〉
児童に対する性犯罪について(深町晋也) 〈p305〉
欺罔行為について ―最高裁平成26年3月28日決定を契機として(林幹人) 〈p347〉
詐欺罪における交付の判断の基礎となる重要な事項の意義(上嶌一高) 〈p〉361
詐欺罪による損害の意義―経済的損害概念の再評価(齋野彦弥) 〈p383〉
横領罪の一考察(京藤哲久) 〈p417〉
担保権侵害の擬律〈類型的考察〉(須藤純正) 〈p437〉
強制執行妨害罪における行為状況要件について(鎮目征樹) 〈p455〉
相場操縦罪における追徴額の量定(髙山佳奈子) 〈p481〉
過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪について(橋爪隆) 〈p501〉
自動車の自動運転と刑事実体法―その序論的考察(今井猛嘉) 〈p519〉
判例と捜査手法の適正化(植村立郎) 〈p537〉
西田典之先生略歴 〈p563〉
西田典之先生主要著作目録 〈p565〉
あとがき 〈p577〉