矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.41-He-35289
タイトル 愛と痛み|死刑をめぐって
シリーズ・特集 河出文庫
版表示 初版
著者・編者 辺見庸 著
チョシャ・ヘンジャ ヘンミ ヨウ
ページ 158p
サイズ 15cm
出版元 河出書房新社
出版地 東京
出版年月日 20160820
件名1 死刑制度
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-309-41471-3
注記 毎日新聞社 2008年刊の増補、文庫化
内容細目1
愛と痛み 死刑をめぐって 〈p9〉
究極の試薬-まえがきにかえて 〈p11〉
第1章 愛と死と痛みと 〈p14〉
<不都合なもの>への愛 〈p15〉
マザー・テレサの言葉の衝撃 〈p18〉
私の痛みから他の痛みへ 〈p22〉
第2章 日常と諧調 〈p26〉
可変的な時間体としての人間 〈p26〉
日常はなにを維持しようとするのか 〈p28〉
壊れゆくものにたいする畏怖 〈p30〉
被造物の最期のにおい 〈p35〉
死の間際の痙攣 〈p38〉
死刑は有史以来、存在しつづけてきたが…… 〈p41〉
いっさい情動のない殺人 〈p44〉
なぜ犬だと泣けるのか 〈p48〉
第3章 日常と世間 〈p52〉
鵺のようなファシズム 〈p52〉
戦後民主主義は世間を超克しえなかった 〈p54〉
世間とメディアが合体する 〈p59〉
第4章 世間と死刑 〈p62〉
「公共敵」というバッシング 〈p62〉
公共と世間は間逆の概念 〈p64〉
世間では個人が陥没する 〈p68〉
天皇制と世間 〈p72〉
執行の瞬間 〈p75〉
死刑は私たち世間が支えている 〈p77〉
第5章 日本はなぜ死刑制度を廃止できないか 〈p81〉
文学は死刑と関係がないのか 〈p82〉
EUの死刑廃止宣言 〈p83〉
世間が司法を支配する 〈p88〉
ギュンター・グラスと恥の感覚 〈p92〉
恥なき国の日常 〈p98〉
臆病者の暗い眼で見る 〈p99〉
マザー・テレサのこころの叫び 〈p102〉
第6章 死刑と戦争 〈p105〉
国権の発動たる死刑と戦争 〈p105〉
憲法第九条と死刑 〈p107〉
「私がスパルタクスです」 〈p109〉
朝の廃墟 〈p117〉
解説 〈心〉をさらす言葉(鵜飼哲) 〈p148〉