矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 493.72-Wa-35878
タイトル 自傷行為治療ガイド|第2版
版表示 2版1刷
著者・編者 バレント・W・ウォルシュ 著|松本俊彦 監訳/訳|渋谷繭子 訳
チョシャ・ヘンジャ ウォルシュ, W, バレント|マツモト トシヒコ|シブヤ マユコ
ページ xviii; 354p
サイズ 26cm
出版元 金剛出版
出版地 東京
出版年月日 20180620
件名1 精神医学
件名2 自傷行為
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7724-1621-4
注記 著者原綴: Barent W. Walsh 原書名: Treating Self-Injury, Second Edition: A Practical Guide (The Guilford Press, 2012)|文献、索引あり
内容細目1
序論(バレント・W・ウォルシュ) 〈piii〉
日本語版(第1版)への序文(バレント・ウォルシュ) 〈pv〉
謝辞 〈pix〉
著者について 〈pxi〉
I 自傷の定義と背景 〈p1〉
第1章 自傷の定義と自殺との鑑別 〈p3〉
第2章 自傷と自殺の関係 〈p18〉
第3章 直接的/間接的に自分を傷つける行為の概観 〈p24〉
第4章 自傷がよくみられる集団 〈p33〉
第5章 ボディピアッシング,タトゥ,ブランディング,スカリフィケーション,およびその他の様式の身体改造 〈p47〉
第6章 自傷行為の生物-心理-社会学的モデル 〈p53〉
II アセスメントと治療 段階的ケアモデル 〈p65〉
治療:第1ステップ 〈p69〉
第6章 自傷治療における初回面接の心得 〈p91〉
第7章 治療初期の対応 〈p70〉
第8章 自傷のアセスメント 〈p78〉
第9章 認知と行動のアセスメント 〈p87〉
第10章 随伴性マネジメント 〈p119〉
治療:第2ステップ 〈p127〉
第11章 置換スキルトレーニング 〈p128〉
第12章 認知療法 〈p149〉
第13章 家族療法 〈p162〉
第14章 薬物療法 〈p169〉
治療:第3ステップ 〈p177〉
第15章 身体イメージへのとりくみ 〈p178〉
第16章 PTSDに関連する自傷の治療―持続曝露と認知再構成 〈p194
治療:第4ステップ 〈p207〉
第17章 複数の自傷行動を呈する者の治療 〈p208〉
第18章 青年期の自傷・自殺行動をターゲットとした入所治療(レオナルド・A・デルフラー/アリアナ・ペリー) 〈p214〉
III 特殊な主題 〈p227〉
第19章 自傷に対する反応のマネジメント―セラピストや他の援助者のためのガイド 〈p229〉
第20章 伝染と自傷 〈p237〉
第21章 学校セッティングにおける自傷に対処するためのプロトコル 〈p248〉
第22章 窒息という危険行動(「首絞めゲーム」)(エイミー・M・ブローシュ) 〈p258〉
第23章 異物飲み込みの理解,マネジメント,治療(アリアナ・ペリー) 〈p266〉
第24章 矯正施設における自傷(ケネス・L・アッペルバウム) 〈p275〉
第25章 重篤な自傷行為の治療 〈p283〉
附録 〈p299〉
附録A 呼吸法マニュアル 〈p302〉
附録B BAS尺度(Body Attitudes Scale:身体態度尺度) 〈p309〉
附録C 自傷をアセスメントするための臨床的尺度 〈p311〉
附録D 役に立つ自傷関連のウェブサイト 〈p316〉
附録E 自傷する人たちのための権利章典 〈p318〉
第1版 訳者あとがき(松本俊彦) 〈p321〉
第2版 監訳者あとがき(松本俊彦) 〈p327〉
文献 〈p331〉
索引 〈p351〉