矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 327.14-Sm-35617
タイトル なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?
版表示 1版1刷
著者・編者 アビー・スミス 編著|モンロー・H・フリードマン 編著|村岡啓一 監訳
チョシャ・ヘンジャ スミス アビー|フリードマン エイチ モンロー|ムラオカ ケイイチ
ページ 303p
サイズ 21cm
出版元 現代人文社
出版地 東京
出版年月日 20170810
件名1 弁護士倫理-アメリカ合衆国
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-87798-669-8
注記 編著者原綴:A. Smith & M. Freedman 原書名:How Can You Represent Those People? (2013, Palgrave Macmillan)
内容細目1
序文 〈p3〉
Chapter.1 『罪を犯した者の弁護』公表から30年(バーバラ・バブコック 著 ; 村岡啓一 訳) 〈p9〉
Chapter.2 どうして、こんな人々を起訴できるのか?(ポール・バトラー 著 ; 和田恵 訳) 〈p28〉
Chapter.3 なぜ、あんな奴らの弁護ができるのか?(タッカー・キャリントン 著 ; 大橋君平 訳) 〈p46〉
Chapter.4 神の恵みがなければ、我が身も同じ(アンジェラ・J・デイヴィス 著 ; 田鎖麻衣子 訳) 〈p64〉
Chapter.5 なぜ私は有罪の者と無罪の者を同じように弁護するのか(アラン・M・ダーショウィッツ 著 ; 四宮啓 訳) 〈p94〉
Chapter.6 「あんな奴ら」を弁護することが、なぜ、本質的なことなのか(モンロー・H・フリードマン 著 ; 村岡啓一 訳) 〈p103〉
Chapter.7 公民権を擁護すること(ヴィーダ・B・ジョンソン 著 ; 村岡啓一 訳) 〈p114〉
Chapter.8 「私たち」と「あんな奴ら」についての考察(ジョセフ・マグリーズ 著 ; 今村文彦 訳) 〈p129〉
Chapter.9 人生の破壊―国家が殺害をもくろむとき(ウィリアム・R・モントロス,Jr., メーガン・シャピロ 著 ; 田鎖麻衣子 訳) 〈p155〉
Chapter.10 「あんな奴ら」とは我々のことだ(アン・ローン 著 ; 大橋君平 訳) 〈p167〉
Chapter.11 性犯罪者を弁護するということ( デイヴィッド・A・シングルトン 著 ; 和田恵 訳) 〈p193〉
Chapter.12 どうして、こんな人々を弁護せずにいられるのか?(アビー・スミス 著 ; 田鎖麻衣子 訳) 〈p218〉
Chapter.13 フェアプレイ(ロビン・スタインバーグ 著 ; 大橋君平 訳) 〈p248〉
Chapter.14 弁護すること……今もなお(マイケル・E・タイガー 著 ; 村岡啓一 訳) 〈p259〉
Chapter.15 アメリカだけではない―自由な民主主義社会において「あんな奴ら」を弁護することの必要性(アリス・ウーリー 著 ; 今村文彦 訳) 〈p281〉
監訳者あとがき 〈p298〉
編著者略歴・監訳者略歴・訳者略歴 〈p302〉
凡例