矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.01-Ta-35996
タイトル 刑法基礎理論の可能性
版表示 初版1刷
著者・編者 髙橋直哉 著
チョシャ・ヘンジャ タカハシ ナオヤ
ページ xii; 322p
サイズ 22cm
出版元 成文堂
出版地 東京
出版年月日 20180510
件名1 刑法理論
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7923-5242-4
内容細目1
はしがき 〈pi〉
初出一覧 〈pxii〉
第1部 刑法の基礎
第1章 刑法のコンセプトに関する一試論 〈p3〉
第2章 刑法理論と政治哲学―自由主義刑法理論の再検討 〈p26〉
第3章 刑法の倫理性 〈p41〉
第4章 犯罪化論の試み 〈p58〉
第5章 犯罪化と法的モラリズム 〈p79〉
第2部 刑罰の諸問題
第1章 刑罰の定義 〈p103〉
第2章 目的刑論の批判的検討 〈p130〉
第3章 応報概念の多様性 〈p150〉
第4章 刑罰と非難 〈p168〉
第5章 刑罰論と人格の尊重 〈p190〉
第6章 刑罰論と公判の構造 〈p214〉
第7章 共同体主義と刑罰論 〈p235〉
第3部 犯罪予防へのまなざし
第1章 防犯カメラに関する一考察 〈p251〉
第2章 自由と安全は両立するか―リベラルなコミュニティの可能性を考える 〈p275〉
第3章 安全の論理と刑事法の論理 〈p294〉