矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 327.6-Ki-35533
タイトル 裁判所は何を判断するか
シリーズ・特集 シリーズ刑事司法を考える|第3巻
版表示 1刷
著者・編者 木谷明 責任編集|指宿信 編|後藤昭 編,佐藤博史 編,浜井浩一 編,浜田寿美男 編
チョシャ・ヘンジャ キタニ アキラ|イブスキ マコト|ゴトウ アキラ, サトウ ヒロシ, ハマイ コウイチ, ハマダ スミオ
ページ xvi; 298; 9p
サイズ 22cm
出版元 岩波書店
出版地 東京
出版年月日 20170523
件名1 刑事裁判
件名2 裁判員制度
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-00-026505-8
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。|シリーズ名英語タイトル: Thinking of New Horizon in Criminal Justice
内容細目1
刊行にあたって :
はじめに(木谷明) :
I 裁判所の基本問題 :
1 刑事事実認定の基本的あり方(木谷明) 〈p2〉
2 情況証拠による事実認定(門野博) 〈p24〉
3 自白の任意性・信用性の判断―裁判員裁判と取調べの録音・録画を中心に(木山暢郎) 〈p46〉
4 量刑の基本的考え方(原田國男) 〈p67〉
II 裁判員裁判はどうあるべきか :
5 裁判員制度と手続二分(青木孝之) 〈p88〉
6 裁判員制度の導入により刑事裁判はどう変わったか(家令和典) 〈p106〉
7 少年事件と裁判員制度(廣瀬健二) 〈p126〉
8 裁判員裁判における「性犯罪の量刑」について(島岡まな) 〈p151〉
9 裁判員裁判における評議の現状と課題―裁判員と裁判官の実質的協働を実現するための提言(國井恒志) 〈p172〉
III あるべき上訴・再審制度はどのようなものか :
10 裁判員制度の下における上訴審のあり方(岩瀬徹) 〈p208〉
11 無罪判決に対する検察官上訴は許されるべきか(高野隆) 〈p228〉
12 再審制度の抱える諸問題(鴨志田祐美) 〈p265〉
再審事件一覧表