矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.4-Ga-35282
タイトル 処罰と近代社会|社会理論の研究
版表示 1版1刷
著者・編者 デービッド・ガーランド 著|向井智哉 訳|藤野京子 監訳
チョシャ・ヘンジャ ガーランド, デービッド|ムカイ トモヤ|フジノ キョウコ
ページ xii; 379p
サイズ 21cm
出版元 現代人文社
出版地 東京
出版年月日 20161110
件名1 刑罰
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-87798-652-0
注記 著者原綴: David Garland 原書名: Punishment and Modern Society: A Study in Social Theory (The University of Chicago Press, 1990, 1993)
内容細目1
訳者はしがき 〈pⅲ〉
序文 〈pⅵ〉
献辞 〈pⅸ〉
第1章 処罰の社会学と今日の処罰 〈p3〉
第2章 処罰と社会的連帯―エミール・デュルケムの著作 〈p28〉
第3章 処罰と権威の構築―デュルケム的主題の再検討 〈p59〉
第4章 処罰の政治経済―ルッシェとキルヒハイマー、およびマルクス主義的伝統 〈p103〉
第5章 イデオロギーと階級統制としての処罰―マルクス主義的テーマの変種 〈p138〉
第6章 処罰と権力技術―ミシェル・フーコーの著作 〈p164〉
第7章 権力パースペクティヴを越えて―処罰に関するフーコーの批判 〈p195〉
第8章 処罰の合理化―ウェーバーの命題と近代刑罰 〈p219〉
第9章 処罰と文化―文化形態と刑罰実務 〈p239〉
第10章 処罰と感受性―「文明化された」制裁の系譜学 〈p262〉
第11章 文化的主体としての処罰―文化形成における刑罰の役割 〈p305〉
第12章 社会制度としての処罰 〈p340〉
引用文献 〈p361〉
監訳者解説 〈p374〉