矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.368-Sa-35400
タイトル 少年法実務講義案 (三訂版)
版表示 三訂版1刷
著者・編者 裁判所職員総合研修所 監修
チョシャ・ヘンジャ サイバンショ ショクイン ソウゴウ ケンシュウジョ
ページ 29; 391p
サイズ 26cm
出版元 司法協会
出版地 東京
出版年月日 201701
件名1 少年法
件名2 少年司法
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-906929-53-5
注記 巻頭に参考資料,巻末に索引あり
内容細目1
はしがき 〈p1〉
参考資料 〈p3〉
第1章 少年法の沿革概要 〈p1〉
第1 少年裁判制度の発展 〈p1〉
第2 我が国の少年法 〈p5〉
第2章 少年法の概念及び法源 〈p16〉
第1 少年法の概念 〈p16〉
第2 少年法の法源 〈p16〉
第3章 少年法の適用される事件 〈p18〉
第1 少年保護事件 〈p18〉
第2 準少年保護事件 〈p18〉
第3 少年の刑事事件 〈p19〉
第4章 少年審判の機能 〈p21〉
第1 司法的機能 〈p21〉
第2 福祉的機能 〈p23〉
第3 両機能の調和 〈p24〉
第5章 少年審判の基本原理 〈p26〉
第1 教育主義 〈p26〉
第2 個別処遇の原理(処遇の個別化) 〈p27〉
第3 職権主義 〈p28〉
第6章 審判に付すべき少年 〈p30〉
第1 総説 〈p30〉
第2 犯罪少年 〈p32〉
第3 触法少年 〈p34〉
第4 ぐ犯少年 〈p35〉
第7章 審判の対象 〈p38〉
第1 意義 〈p38〉
第2 審判の対象 〈p38〉
第3 ぐ犯保護事件の審判の対象 〈p43〉
第8章 事件の関係人 〈p46〉
第1 保護者 〈p46〉
第2 付添人 〈p49〉
第3 検察官 〈p55〉
第4 参考人 〈p56〉
第9章 被害者への配慮 〈p57〉
第1 総説 〈p57〉
第2 被害者等による記録の閲覧及び謄写 〈p57〉
第3 被害者等の申出による意見の聴取 〈p62〉
第4 被害者等による少年審判の傍聴 〈p66〉
第5 被害者等に対する審判の状況の説明 〈p72〉
第6 被害者等に対する審判結果等の通知 〈p74〉
第10章 事件の受理 〈p77〉
第1 序説 〈p77〉
第2 管轄 〈p77〉
第3 審判条件 〈p79〉
第4 事件受理の経路と事件係属の態様 〈p82〉
第5 事件受理の各種態様 〈p85〉
第6 事件受理の効果 〈p113〉
第7 事件の受付及び分配 〈p114〉
第8 証拠物の受入れと領置手続 〈p119〉
第11章 観護の措置 〈p127〉
第1 意義 〈p127〉
第2 種類 〈p127〉
第3 要件 〈p129〉
第4 観護措置をとるべき時期 〈p130〉
第5 観護措置決定手続 〈p133〉
第6 決定の方式 〈p134〉
第7 決定の執行 〈p135〉
第8 観護措置とみなされる場合 〈p137〉
第9 観護措置に関する通知 〈p138〉
第10 収容期間 〈p140〉
第11 観護措置の取消し及び変更 〈p143〉
第12 観護措置の基礎たる事件 〈p145〉
第13 観護措置の効力 〈p147〉
第12章 調査 〈p152〉
第1 調査の意義 〈p152〉
第2 法的調査 〈p152〉
第3 社会調査 〈p153〉
第4 調査の形式 〈p155〉
第5 調査報告の方式 〈p157〉
第6 少年調査記録と少年保護事件記録 〈p158〉
第13章 呼出し及び同行 〈p162〉
第1 呼出し 〈p162〉
第2 同行 〈p166〉
第14章 審判手続 〈p170〉
第1 審判の意義 〈p170〉
第2 審判の目的ないし機能 〈p170〉
第3 審判の原則 〈p171〉
第4 審判開始決定 〈p173〉
第5 審判の準備 〈p176〉
第6 審判の方式 〈p182〉
第7 交通関係事件の調査,審判 〈p194〉
第15章 試験観察 〈p197〉
第1 意義 〈p197〉
第2 目的 〈p197〉
第3 機能 〈p198〉
第4 要件 〈p199〉
第5 付随措置 〈p200〉
第6 決定の手続 〈p201〉
第7 観察の方法 〈p202〉
第8 効力の消滅 〈p203〉
第9 補導委託の運用 〈p203〉
第16章 終局決定 〈p206〉
第1 総説 〈p206〉
第2 審判不開始決定 〈p212〉
第3 不処分決定 〈p214〉
第4 知事又は児童相談所長送致決定 〈p216〉
第5 検察官送致決定 〈p220〉
第6 保護処分決定 〈p236〉
第7 終局決定に伴う措置 〈p266〉
第17章 審判調書 〈p284〉
第1 総説 〈p284〉
第2 審判調書の冒頭記載 〈p287〉
第3 審判期日における手続と審判調書の記載 〈p294〉
第4 審判調書の整理 〈p312〉
第18章 準少年保護事件 〈p318〉
第1 総説 〈p318〉
第2 収容継続申請事件 〈p319〉
第3 戻し収容申請事件 〈p331〉
第4 施設送致申請事件 〈p339〉
第5 保護処分取消事件 〈p344〉
第19章 抗告及び抗告受理の申立て 〈p352〉
第1 総説 〈p352〉
第2 抗告及び抗告受理の申立ての対象 〈p352〉
第3 抗告権者 〈p354〉
第4 抗告及び抗告受理の申立期間 〈p356〉
第5 抗告及び抗告受理の申立ての理由 〈p357〉
第6 抗告申立てと抗告の効力 〈p360〉
第7 抗告受理申立てとその効力 〈p363〉
第8 家庭裁判所及び高等裁判所の手続 〈p363〉
第9 抗告審の手続 〈p366〉
第10 再抗告 〈p368〉
第11 上訴審等決定後の家庭裁判所の手続 〈p369〉
第20章 少年審判雑事件 〈p371〉
第1 総説 〈p371〉
第2 連戻状 〈p371〉
第3 引致状 〈p375〉
第4 少年補償事件 〈p378〉
索引 〈p386〉