矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 3刑政
タイトル 刑政
巻号 第131巻第4号(通巻1535号)
ページ 144
出版元 矯正協会
出版地 東京
出版年月日 20200401
内容細目1
<目で見る矯正>少年鑑別所(法務少年支援センター)における多機関連携
<グラビア>古城を染める桜(藤原貴典/姫路拘置支所),法務大臣保安表彰,第42回日韓矯正職員親善武道大会,矯正局長表彰,施設のアルバム―名古屋矯正管区
<巻頭言>再犯防止の推進~支援の先にあるもの(椿百合子/法務大臣官房審議官) p12
牛久市地域再犯防止推進モデル事業における茨城農芸学院の取組について(宇田正志/茨城農芸学院主席専門官) p14
牛久市による地域再犯防止推進モデル事業について(結束千恵子/ 牛久市保健福祉部子ども家庭課長) p22
キズキによる少年院での学習支援事業について(安田祐輔/株式会社キズキ代表取締役) p28
<図書紹介>障害者支援に携わる全ての方に―『障害者支援の実際と指導―知的障がい者9事例のスーパービジョン』貴志園ケース研究会〈編〉(島陽一/宮川医療少年院長) p33
新たな連携に踏み出す~地方公共団体との協働―矯正施設所在自治体会議地方創生研究会~矯正×自治体の可能性 農林業からマラソン・観光まで(伊藤涼平/前札幌矯正管区更生支援企画課長・矯正局更生支援管理官付法務専門職) p34
少年院における発達上の課題・困難を有する少年への面談・発達相談の試み(髙橋智/日本大学,内藤千尋/松本大学,田部絢子/金沢大学) p42
<刑政時評>「右肩下がり」の時代に(池田公博/京都大学大学院法学研究科教授) p52
<社会時評>森鴎外「かのように」が問う神話と歴史(和歌山章彦/日本経済新聞編集委員・論説委員) p54
映画「しゃぼん玉」上映会―映画の力を信じて(豊山有紀/株式会社エスプリ代表取締役・映画プロデューサー),映画「しゃぼん玉」との出会い(宇治田博士/特別機動警備隊矯正装備室),映画「しゃぼん玉」の上映会を体験して(中村悦子/椎葉会会員・京都刑務所篤志面接委員) p56
韓国に学ぶ刑務所受刑者と子どもの支援―「子どもにやさしい家族面会室」を訪ねて(後藤弘子/千葉大学大学院社会科学研究院教授) p68
<広報>海外派遣支援情報(堀口恭宏/矯正局成人矯正課警備対策室補佐官,栁沼正平/矯正局成人矯正課国際受刑者移送係,深浦寛郎/東京拘置所統括矯正処遇官,西條仁/高知刑務所首席矯正処遇官) p121
東京拘置所旧庁舎(小菅刑務所)の保存改修について(中澤憲治/矯正局総務課補佐官(施設担当),小山幸洋(前矯正局総務課施設係主任・法務省大臣官房施設課収容施設企画第一係長) p74
第42回日韓矯正職員親善武道大会に参加して(長瀨真二郎/矯正局成人矯正課) p84
<広報>矯正局長表彰実施される(矯正局総務課人事企画係) p94
<施設だより>立川拘置所―“ゼロからの出発”から“地域とともに 信頼される 矯正を目指して”へ p100
<広報>令和元年度認知行動療法講習会の実施結果について(矯正協会矯正支援事業部) p107
<実践レポート・有明高原寮>短期処遇課程施設の積極活用について―長期処遇対象者の受入れ(今井雄治/多摩少年院専門官(前有明高原寮専門官),田中徹/松本少年刑務所統括矯正処遇官(前有明高原寮統括専門官)) p108
<広報>矯正施設に勤務する医師を求めています(矯正局総務課人事企画係) p117
<現場の発言/新人職員から新採用職員へ>刑務官として(行方謙蔵/網走刑),私が感じたこと(田中拳/東日本医療センター),失敗から学んだこと、同期職員の大切さ(稲垣匠耶/八街少),一緒に頑張りましょう(松本真琴/笠松刑),助け合いの精神(池垣斗夢/大阪刑),拝命して三年がたった今(藤井未来/岩国刑),拝命から一年がたって(田中宏樹/四国少),信頼されるということ(松尾好晃/宮崎刑) p118
<ずいひつ>eスポーツ(米野修平/札幌拘支),憧れのミニマリスト(梅津美憂/福島刑支),唐揚げ愛(下見崇博/横浜拘支),ふるさとの思いで(佐藤修/市原学),心掛けの変化(渡邉悠/名古屋鑑),競馬の魅力(堀川義博/大阪拘),施設とともに(北敬一/美保学),広報活動(具島秀和/福岡鑑) p126
<研修所だより>研修の実施状況,矯正研修所雑感 p134
<協会だより>矯正支援事業部―法務大臣表彰会長贈呈,矯正管区長表彰副賞贈呈,公務上負傷お見舞い申し上げます,御結婚おめでとうございます,矯正図書館―日本図書館協会図書館運営委委員会,刑務作業協力事業部―ひろしまグッドデザイン賞(奨励賞)受賞(広島地区業務統括),管区別・事業部売上高速報 p136
<広報>論文等投稿歓迎 p141
刑政文献月報 p143
編集後記(Y) p144
openBDContent