矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.368-Mo-35607
タイトル ビギナーズ少年法|第3版
版表示 3版1刷
著者・編者 守山正 編著|後藤弘子 編著
チョシャ・ヘンジャ モリヤマ タダシ|ゴトウ ヒロコ
ページ xix; 445p
サイズ 21cm
出版元 成文堂
出版地 東京
出版年月日 20171010
件名1 少年法
件名2 少年司法
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7923-5209-7
注記 巻末に,事項索引あり
内容細目1
はしがき :
非行少年手続の主な流れ(図) :
第1講◆少年法の理念 〈p1〉
1 少年法とは何か 〈p1〉
2 少年法の意義 〈p3〉
3 少年法の理念 〈p7〉
4 少年司法制度の特徴 〈p12〉
5 家庭裁判所の機能 〈p15〉
第2講◆少年法の誕生 〈p18〉
1 少年裁判所の誕生 〈p18〉
2 少年法理念の多様化 〈p24〉
3 わが国の少年法制の展開 〈p28〉
第3講◆少年非行の現状 〈p31〉
(1)日本 〈p31〉
1 少年犯罪の近年の趨勢 〈p31〉
2 稚拙になった凶悪犯罪 〈p36〉
3 衰退した非行グループ 〈p42〉
(2)アメリカ 〈p48〉
1 少年非行に関わるデータ 〈p48〉
2 少年非行の動向 〈p50〉
3 少年非行の背景要因 〈p57〉
第4講◆少年法の改正 〈p61〉
1 少年法改正の経緯 〈p61〉
2 2000年改正の内容 〈p64〉
3 2007年改正の内容 〈p72〉
4 2008年改正の内容 〈p78〉
5 今後の課題 〈p81〉
第5講◆少年事件と犯罪被害者 〈p84〉
1 少年法における犯罪被害者の地位 〈p84〉
2 警察による被害者支援 〈p87〉
3 検察による被害者支援 〈p91〉
4 裁判所における被害者支援 〈p92〉
5 少年審判における被害者の支援 〈p95〉
6 矯正施設における被害者支援 〈p101〉
7 更生保護における被害者支援 〈p104〉
第6講◆非行少年の発見 〈p108〉
1 発見活動の意義 〈p108〉
2 発見活動の諸態様 〈p111〉
3 対象からみた発見活動 〈p120〉
第7講◆捜査・予防活動 〈p125〉
1 少年司法における警察の活動 〈p125〉
2 非行の発見 〈p127〉
非行防止のための活動 〈p128〉
4 非行少年の捜査・調査活動 〈p131〉
5 被害少年・要保護少年・被虐待児童の保護 〈p141〉
第8講◆家庭裁判所の役割 〈p145〉
1 家庭裁判所の意義 〈p145〉
2 家庭裁判所の事件受理 〈p151〉
3 受理の手続 〈p153〉
4 観護措置について 〈p156〉
第9講◆社会調査 〈p159〉
1 調査の意義 〈p159〉
2 社会調査の方法 〈p162〉
3 試験観察 〈p171〉
4 社会記録の活用 〈p176〉
第10講◆少年審判 〈p180〉
1 少年審判とは何か 〈p180〉
2 審判の対象 〈p189〉
3 審判の手続 〈p194〉
第11講◆少年の権利保障 〈p200〉
1 保護主義と憲法主義 〈p200〉
2 国際準則と少年法 〈p204〉
3 わが少年法上における権利保障 〈p207〉
4 2000年改正法と少年の権利 〈p211〉
5 2007年改正法と少年の権利 〈p212〉
第12講◆逆送と刑事処分 〈p214〉
1 逆送手続 〈p214〉
第13講◆非行少年の処遇 〈p226〉
1 非行少年の処遇とは? 〈p226〉
2 保護処分以外の処遇 〈p226〉
3 保護処分 〈p228〉
4 被害者と保護処分 〈p242〉
第14講◆少年の福祉を害する犯罪 〈p244〉
1 旧少年法第37条 〈p244〉
2 少年法が規定した「少年福祉阻害犯」 〈p247〉
3 風俗営業適正化法における「少年福祉阻害犯」 〈p250〉
4 児童買春・児童ポルノ処罰法の成立と改正 〈p251〉
5 出会い系サイト規制法 〈p254〉
6 青少年健全育成条例 〈p257〉
7 児童福祉法適用をめぐる問題 〈p259〉
8 まとめ 〈p262〉
第15講◆少年事件と報道 〈p263〉
1 少年事件の秘密保持・非公開の原則 〈p263〉
2 少年法61条の射程範囲 〈p264〉
3 少年事件報道の歴史 〈p266〉
4 少年法61条違反の法的効果 〈p268〉
5 少年法61条に関する議論の深まり 〈p273〉
6 少年法61条に関して予想される立法の動き 〈p276〉
第16講◆世界の少年法 〈p274〉
(1)アメリカ 〈p278〉
1 アメリカ少年司法の史的展開 〈p278〉
2 少年司法手続の関与者 〈p280〉
3 少年司法手続の流れ 〈p282〉
4 非行少年の処遇 〈p286〉
5 厳罰政策の現状 〈p287〉
6 修復的少年司法 〈p289〉
7 アメリカ少年司法の将来 〈p291〉
(2)イギリス 〈p293〉
1 イギリスの少年司法 〈p293〉
2 司法過程 〈p297〉
3 刑罰・処分 〈p299〉
4 スコットランドの児童聴聞制度 〈p303〉
5 北アイルランドの少年司法改革 〈p305〉
(3)ドイツ 〈p307〉
1 少年司法制度の基本的性格 〈p307〉
2 法制度の理念と目的 〈p309〉
3 少年手続の対象 〈p310〉
4 実体的処分 〈p311〉
5 手続 〈p314〉
(4)フランス 〈p321〉
1最近の少年法をめぐる動き 〈p321〉
2 子ども保護法 〈p322〉
3 少年犯罪の状況 〈p322〉
4 少年司法 〈p323〉
5 少年の処遇・施設 〈p327〉
6 おわりに(フランス少年法の特徴) 〈p331〉
《資料編》
資料1 主な少年事件 〈p335〉
資料2 少年法等の一部を改正する法律案(2000年)新旧対照条文 〈p357〉
資料3 2000年改正少年法の運用の概況 〈p370〉
資料4 少年法等の一部を改正する法律案(2007年)新旧対照条文 〈p381〉
資料5 少年法等の一部を改正する法律案(2008年)新旧対照条文 〈p395〉
少年法 〈p402〉
少年審判規則 〈p419〉
索引