矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.5-Ta-35364
タイトル 刑罰及犯罪豫防論 全
シリーズ・特集 日本立法資料全集 別巻|1134
版表示 復刻版1刷
著者・編者 タラック 原著|松尾音次郎 訳述
チョシャ・ヘンジャ タラック|マツオ オトジロウ
ページ 5; 403p
サイズ 23cm
出版元 信山社出版
出版地 東京
出版年月日 20161020
件名1 行刑
件名2 犯罪予防
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7972-7241-3
注記 明治30年発行 多羅句氏(ウイリヤム、タラック氏)原著『刑罰及犯罪豫防論 全』(同情会発刊) の複製
内容細目1
序(小河岳洋生) 〈p一〉
多良句氏行刑新論 自序 〈p一〉
第一章 罪悪及貧困を減却するに必要なる原則 〈p五〉
第二章 監獄制度は一般に不完全なるを論す 〈p六十二〉
第三章 分房隔離法幷に階級法を論ず 〈p百二十八〉
第四章 無期或は終身監禁を論ず 〈p百八十八〉
第五章 慣習的犯罪者を論す 〈p二百七〉
第六章 監獄作業を論ず 〈p二百五十一〉
第七章 司獄官を論ず 〈p二百七十三〉
第八章 組織的監獄視察を論す 〈p二百九十六〉
第九章 出獄人の保護を論ず 〈p三百二十二〉
第十章 宣告を論ず 〈p三百三十九〉
第十一章 監禁に代ふるに罰金と強壓的役業を以てするを論す 〈p三百四十七〉
第十二章 肉刑を論ず 〈p三百五十八〉
第十三章 監禁に代ふるに假放免及び試練法を以てすることを論す 〈p三百六十六〉
第十四章 警察―特に質商、酒店、娼妓及び犯罪の豫防に關す 〈p三百七十六〉
第十五章 結論 〈p三百九十五〉