矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 493.155-Na-35310
タイトル 薬物依存症の回復支援ハンドブック|援助者,家族,当事者への手引き
著者・編者 成瀬暢也 著
チョシャ・ヘンジャ ナルセ ノブヤ
ページ 236p
サイズ 21cm
出版元 金剛出版
出版地 東京
出版年月日 20161020
件名1 薬物依存症
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7724-1519-4
注記 文献あり
内容細目1
はじめに 〈p3〉
第I部 薬物依存症臨床の基礎 〈p13〉
第1章 わが国における依存症を取り巻く現状 〈p15〉
第2章 依存症とは何か? 〈p23〉
第3章 依存症治療の基礎 〈p39〉
第4章 依存症の外来治療 〈p55〉
第5章 依存症の入院治療 〈p67〉
第6章 新しい依存症治療の実践 〈p73〉
第7章 これからの依存症治療を考える 〈p93〉
第II部 実践編① :主要薬物別の特徴と対応 〈p107〉
1 覚せい剤 〈p109〉
2 処方薬 〈p115〉
3 危険ドラッグ 〈p138〉
4 有機溶剤(シンナー,トルエン等) 〈p150〉
5 大麻 〈p156〉
第III部 実践編② :依存症治療の原則 〈p159〉
1 断薬の強要は禁忌である。薬物の再使用を責めてはいけない 〈p161〉
2 通常の外来治療を続けるだけでも依存症は改善する 〈p168〉
3 覚せい剤の使用は「通報しない」ということの意味 〈p171〉
4 多数回服役歴のある覚せい剤事犯者の回復には何が必要か? 〈p174〉
5 介入ツールは患者と治療者を依存症治療に引き付ける 〈p180〉
6 精神科救急病棟での短期介入により外来治療継続率は高まる 〈p182〉
7 依存症者の恋愛はきわめて危険である―依存症と恋愛問題 〈p184〉
8 刑の一部執行猶予制度施行を迎えて 〈p191〉
9 誰にでもできる覚せい剤依存症外来治療パッケージ 〈p193〉
10 DARCと自助グループ(NA)について 〈p196〉
11 薬物依存症と家族―全国家族調査より 〈p205〉
12 学校教育と薬物乱用防止対策―依存症臨床の視点から 〈p209〉
13 陰性感情・忌避感情から解放されるために必要なこと 〈p214〉
第IV部 患者と家族へのメッセージ 〈p219〉
参考文献 〈p233〉