矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 493.72-Ar-35818
タイトル 動機づけ面接法の適用を拡大する|心理的問題と精神疾患への臨床適用
版表示 初版1刷
著者・編者 ハル・アーコウィッツ 編|ヘニー・A・ウェスラ 編,ウイリアム・R・ミラー 編,ステファン・ロルニック 編|後藤恵 訳
チョシャ・ヘンジャ アーコウィッツ ハル|ウェスラ ヘニー・A, ミラー ウイリアム・R, ロルニック ステファン|ゴトウ メグミ
ページ xv; 477p
サイズ 21cm
出版元 星和書店
出版地 東京
出版年月日 20160421
件名1 精神療法
件名2 面接法
件名3 動機づけ面接法 (Motivational Interviewing: MI)
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7911-0928-9
注記 文献あり 索引あり|著者原綴: Hal Arkowitz, Henny A. Westra, William R. Miller, and Stephen Rollnick 原書名: Motivational Interviewing in the Treatment of Psychological Problems (2008, The Guilford Press)
内容細目1
はじめに 〈piii〉
第1章 動機づけ面接法の概要:学習・適用および拡張について 〈p1〉
第2章 不安症に対する動機づけ面接法の適用 〈p33〉
第3章 退役軍人のPTSD症状と問題行動を変える動機の強化 〈p73〉
第4章 治療を拒否する強迫症患者の動機づけ 〈p107〉
第5章 うつ病の精神療法に対する準備としての動機づけ面接法 〈p135〉
第6章 うつ病の治療に統合的枠組を提案する動機づけ面接法 〈p173〉
第7章 動機づけ面接法と自殺志向性 〈p207〉
第8章 摂食障害の管理的治療における動機づけ面接法 〈p235〉
第9章 問題/病的ギャンブリングの治療における動機づけ面接法 〈p271〉
第10章 統合失調症患者の薬物療法アドヒアランスと動機づけ面接法 〈p301〉
第11章 重複診断を受ける(重複障害の)患者と動機づけ面接法 〈p335〉
第12章 矯正施設における動機づけ面接法―刑事司法領域において動機づけ面接法を行う試み 〈p369〉
第13章 心理的問題と精神疾患の治療における動機づけ面接法 〈p393〉
訳者あとがき 〈p417〉
文献 〈p420〉
索引 〈p456〉
著者・訳者略歴 〈p476〉