矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.362-O-35574
タイトル 近代国家と組織犯罪|近代ドイツ・日本における歴史的考察を通じて
シリーズ・特集 熊本大学法学会叢書|14
版表示 初版1刷
著者・編者 岡本洋一 著
チョシャ・ヘンジャ オカモト ヨウイチ
ページ vii; 284p
サイズ 22cm
出版元 成文堂
出版地 東京
出版年月日 20170712
件名1 治安立法-ドイツ-歴史-19世紀
件名2 集団犯罪-ドイツ-歴史-19世紀
件名3 治安立法-日本-歴史-明治以後
件名4 集団犯罪-日本-歴史-明治以後
件名5 組織犯罪-ドイツ-歴史
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7923-5211-0
内容細目1
はじめに :
第1部 :
第1章 19世紀ドイツの各領邦刑法における結託,徒党そして団体・結社に対する規定についての比較考察 〈p2〉
第2章 バイエルン刑法とヴュルテンベルク刑法における結託,徒党そして団体結社に対する各規定をめぐる議論についての比較考察 〈p57〉
第3章 19世紀ドイツにおける結託・徒党,団体・結社の処罰と「結社の自由」―刑事法と憲法上の基本権との相互関係についての考察 〈p99〉
第2部 :
第1章 戦前日本における団体・結社に対する刑事立法について 〈p140〉
第2章 賭博犯処分規則についての一考察―戦前日本における団体・結社に対する刑事立法の一例として 〈p187〉
第3章 戦後日本における団体・結社に対する刑事立法について 〈p227〉
第3部 :
結論 〈p264〉
あとがき 〈p283〉