矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.302-Ka-35284
タイトル 犯罪・捜査・メディア|19世紀フランスの治安と文化
シリーズ・特集 叢書・ウニベルシタス
版表示 初版1刷
著者・編者 ドミニク・カリファ 著|梅澤礼 訳
チョシャ・ヘンジャ カリファ, ドミニク|ウメザワ アヤ
ページ vii; 296; 52p
サイズ 20cm
出版元 法政大学出版局
出版地 東京
出版年月日 20161025
件名1 犯罪-フランス-歴史-19世紀
件名2 犯罪捜査-フランス-歴史-19世紀
件名3 マスメディア-フランス-歴史-19世紀
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-588-01049-1
注記 人名索引あり|著者原綴: Dominique Kalifa 原書名: Crime et Culture au ⅩⅨe Siècle (Perrin, un département d'Edi8, 2005, 2010)
内容細目1
日本の読者へ 〈piii〉
はじめに 〈p1〉
第一部 犯罪 〈p8〉
第1章 犯行現場 パリのトポグラフィーと社会的イマジネール 〈p8〉
第2章 「アパシズム」の考古学 十九世紀の野蛮人とアメリカ・インディアン 〈p35〉
第3章 「危険階級」の終焉? 『ファントマ』シリーズにおける労働者と犯罪者 〈p57〉
第4章 夜襲という恐怖 〈p72〉
第二部 捜査 〈p96〉
第5章 警察官の回想録 ひとつのジャンルの出現? 〈p96〉
第6章 捜査官ジャヴェール 〈p129〉
第7章 二〇世紀初頭の「危険性」と「社会防衛」 〈p141〉
第8章 処罰の危機? 〈p153〉
第三部 メディア 〈p178〉
第9章 一九世紀における三面記事と犯罪小説 〈p178〉
第10章 監獄の光景 〈p201〉
第11章 戦時中の三面記事(一八七〇-一九一四) 〈p219〉
第12章 一九一四年から一九一八年にかけて 連載小説の終焉? 〈p249〉
おわりに 一九世紀と二〇世紀の犯罪と治安に関するひとつの見方 〈p277〉
訳者あとがき 〈p293〉
図版出典一覧 〈p52〉
原注 〈p9〉
人名索引 〈p1〉