矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 361.9-Ki-35402
タイトル 質的社会調査の方法|他者の合理性の理解社会学
シリーズ・特集 有斐閣ストゥディア
版表示 初版2刷
著者・編者 岸政彦 著|石岡丈昇 著|丸山里美 著
チョシャ・ヘンジャ キシ マサヒコ|イシオカ トモノリ|マルヤマ サトミ
ページ 262p
サイズ 22cm
出版元 有斐閣
出版地 東京
出版年月日 20170220
件名1 社会調査
件名2 質的調査
件名3 社会学
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-641-15037-9
注記 文献あり 事項索引あり|英語タイトル: Qualitative Research Methodology
内容細目1
まえがき―質的な調査の,質的なノウハウ(岸政彦) 〈pi〉
CHAPTER序 質的調査とは何か 〈p1〉
1 社会学と社会調査 〈p1〉
2 社会学における「データ」とは何か 〈p7〉
3 量的調査と質的調査 〈p10〉
4 質的調査とは 〈p15〉
5 「質的」とはどういうことか 〈p20〉
6 「他者の合理性」の理解社会学 〈p27〉
7 まとめ 〈p35〉
CHAPTER1 フィールドワーク 〈p37〉
1 フィールドワークとは 〈p38〉
2 テーマ設定 〈p39〉
3 フィールドワークをする 〈p51〉
4 データ分析と論文の執筆 〈p71〉
5 フィールドワーク―まだ見ぬ他者と自分に出会う 〈p92〉
CHAPTER2 参与観察 〈p95〉
1 「気分」からの立論 〈p96〉
2 調査のなかから問題設定を立てる 〈p99〉
3 フィールドへの没入 〈p107〉
4 論文執筆 〈p133〉
5 参与観察の特徴―リアルタイムの社会認識 〈p150〉
CHAPTER3 生活史 〈p155〉
1 人生の語りを聞く 〈p156〉
2 生活史調査の歴史 〈p173〉
3 実際にやってみる 〈p198〉
4 生活史を「研究」する 〈p219〉
5 最後に―生活史は「それ自体で面白い」 〈p238〉
ブックガイド 〈p241〉
あとがき 〈p255〉
事項索引 〈p257〉
人名索引 〈p262〉