矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.531-Ya-35398
タイトル 高齢犯罪者の権利保障と社会復帰
版表示 初版1刷
著者・編者 安田恵美 著
チョシャ・ヘンジャ ヤスダ メグミ
ページ vi; 226p
サイズ 22cm
出版元 法律文化社
出版地 京都
出版年月日 20170115
件名1 高齢犯罪者
件名2 高齢者犯罪
件名3 高齢受刑者処遇
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-589-03804-3
内容細目1
はじめに 〈pi〉
第I部 高齢者犯罪の現状と高齢受刑者が置かれている劣悪な拘禁環境 〈p2〉
第1章 高齢者による犯罪と彼らに対する刑罰―フランスの議論状況との比較から浮き彫りになる日本の問題点 〈p2〉
第II部 「侵害最小基準」に基づくフランスにおける高齢犯罪者処遇 〈p10〉
第2章 「高齢」であることに基づく刑罰減軽―明文規定による刑罰減軽から裁判官の裁量による刑罰減軽へ 〈p10〉
第3章 高齢犯罪者に対する拘禁的措置を回避する運用の現状 〈p33〉
第4章 医療的ニーズを有する高齢受刑者を対象とした早期釈放 〈p54〉
第5章 高齢受刑者に対する早期釈放制度の対象の拡大 〈p103〉
第6章 刑罰修正手続きと措置 〈p119〉
第III部 日本の問題状況と今後向かうべき方向性―安全重視から支援重視の高齢受刑者処遇へ 〈p132〉
第7章 高齢犯罪者に対する非拘禁的措置に関する過去の明文規定とそれに関する議論の欠如 〈p132〉
第8章 現在の高齢犯罪者に対する非拘禁的措置の消極的運用 〈p153〉
第9章 刑事施設における高齢受刑者が抱える医療的・福祉的ニーズの軽視 〈p169〉
第10章 医療的・福祉的ニーズを有する高齢受刑者への早期釈放の必要性と現行制度の消極的運用 〈p188〉
第11章 高齢受刑者の早期釈放の積極的運用を支える諸制度および理念 〈p199〉
あとがき 〈p223〉