矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.41-Ka-36002
タイトル オウムと死刑
版表示 初版
著者・編者 河出書房新社編集部 編
チョシャ・ヘンジャ カワデ ショボウ シンシャ ヘンシュウブ
ページ 207p
サイズ 21cm
出版元 河出書房新社
出版地 東京
出版年月日 20181130
件名1 死刑
件名2 オウム真理教
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-309-24886-8
内容細目1
あの七月以降、僕たちはもう、全員オウムの信者だ(古川日出男) 〈p6〉
耐えがたい苦味と、無力感と(青木理) 〈p10〉
林泰男さんの死刑をどう受けとめたか オウムから見えてきた闇(田口ランディ) 〈p16〉
土谷正実くんについて(大石圭) 〈p28〉
端本悟さんの弁護人として なぜ再審請求を出さなかったのか(河井匡秀) 〈p42〉
因縁因果と形代流し 「施行後」に見る日本の病巣(伊東乾) 〈p54〉
十二名も被害者なのです 家族の会として活動して(永岡英子) 〈p78〉
十三名の死刑執行は死刑制度を根底から変えた(深田卓) 〈p84〉
オウムから見えた社会の歪みと変貌(森達也) 〈p96〉
オウムが壊したもの、オウムにあらがうもの(宮内勝典) 〈p120〉
オウム事件は形を変えて始まっている 処罰社会とオウムの悪夢(星野智幸) 〈p134〉
三十一年之悪夢 北一輝と麻原彰晃(片山杜秀) 〈p148〉
平成の事件は平成のうちに?(武田砂鉄) 〈p155〉
オウム真理教と科学 あるいは,認識という罪について(奥村大介) 〈p162〉
〈入門〉オウム真理教事件とは何か(奥村大介) 〈p175〉