矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.3-Fu-35279
タイトル 犯罪はなぜくり返されるのか|社会復帰を支える制度と人びと
シリーズ・特集 叢書・知を究める|9
版表示 初版1刷
著者・編者 藤本哲也 著
チョシャ・ヘンジャ フジモト テツヤ
ページ xvii; 252; 3p
サイズ 20cm
出版元 ミネルヴァ書房
出版地 京都
出版年月日 20161115
件名1 刑事政策--日本
件名2 犯罪予防--日本
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-623-07799-1
注記 索引あり
内容細目1
はじめに 〈pⅰ〉
序章 犯罪学との出会い 〈p1〉
第Ⅰ部 犯罪学・刑事政策の発展過程と概要 〈p11〉
第一章 統合科学としての犯罪学―犯罪学の対象領域とはなにか 〈p13〉
第二章 被害者学の歩みと未来像 〈p23〉
第三章 刑事政策の歴史的変遷 〈p33〉
第四章 刑事政策のパラダイムの変遷 〈p43〉
第Ⅱ部 再犯防止に向けた制度と仕組み 〈p53〉
第五章 刑の一部の執行猶予制度―再犯防止のための執行猶予とは 〈p55〉
第六章 再犯防止のための更生保護の役割 〈p66〉
第Ⅲ部 多様化する犯罪形態に対応する刑事政策 〈p77〉
第七章 ストーカー規制法 〈p79〉
第八章 DV防止法 〈p89〉
第九章 新たな犯罪形態としての特殊詐欺の現状とその対策 〈p99〉
第十章 無差別殺傷事件の防止とその効果的処遇 〈p110〉
第Ⅳ部 犯罪者の処遇と更生 〈p121〉
第十一章 犯罪者処遇理念としての治療共同体 〈p123〉
第十二章 性犯罪者の処遇プログラム 〈p133〉
第十三章 女性犯罪者の処遇の現状と課題 〈p144〉
第十四章 新たな再犯防止対策としての社会貢献活動 〈p157〉
第十五章 日本における非拘禁措置に関する諸政策 〈p167〉
第Ⅴ部 少年法・少年院法改正と少年鑑別所法の制定 〈p177〉
第十六章 少年院法の改正と少年鑑別所法の制定 〈p179〉
第十七章 少年法改正について 〈p189〉
第Ⅵ部 犯罪者をめぐる問題と新たなアプローチ 〈p199〉
第十八章 民間ノウハウを活用したPFI刑務所 〈p201〉
第十九章 矯正医療の現状と課題―被収容者の処遇基盤の充実のために 〈p211〉
第二十章 犯罪者の更生支援としての職親プロジェクト 〈p221〉
第Ⅶ部 刑事政策のいまとこれから 〈p231〉
第二十一章 日本の犯罪対策と「世界一安全な日本」創造戦略 〈p233〉
第二十二章 平成時代の刑事政策のゆくえ 〈p243〉
索引 〈p1〉