矯正図書館 文献検索

文字サイズ:

資料区分 1図書
請求記号 326.368-Ta-35505
タイトル 失敗してもいいんだよ|子ども文化と少年司法
版表示 初版1刷
著者・編者 竹原幸太 著
チョシャ・ヘンジャ タケハラ コウタ
ページ 159p
サイズ 21cm
出版元 本の泉社
出版地 東京
出版年月日 20170505
件名1 少年法
件名2 少年犯罪
件名3 少年非行
件名4 児童福祉
言語種類 日本語:Japanese
ISBN 978-4-7807-1625-2
内容細目1
まえがき 〈p3〉
一章 少年事件にみる思春期の発達困難 :
一 「残忍さ」の裏にある育ちの「未熟さ」 〈p10〉
二 「自分づくり」のもがきと歪み 〈p17〉
三 少年非行の増加・凶悪化は本当か?―統計データに見る「非行の実態」 〈p25〉
二章 子どもの育ちを支える少年司法の仕組みと専門職の仕事 :
一 少年法今昔物語―少年法の歩み 〈p34〉
二 子どもの「悪さ」をどのように見るか?―非行・いじめ問題対応に追われる学校 〈p45〉
三 家栽調査官に学ぶ非行克服の視点 〈p54〉
四 少年院・児童自立支援施設の「育て直し」―「矯正教育」と「共生教育」 〈p60〉
五 地域社会での経過観察を担う保護観察所 〈p70〉
三章 当事者による非行克服過程の発信とその課題 :
一 「非行」と向き合う親たちの会と「新しいコミュニティ」 〈p76〉
二 少年院出院者によるピアサポート活動―セカンドチャンスが社会へ投げかけるもの 〈p82〉
三 元少年A著『絶歌』をどう見るか?―当事者の少年事件の公開をめぐって 〈p91〉
四章 少年司法の行方と展望 :
一 国連子どもの権利条約と少年司法「改正」問題 〈p100〉
二 国際的に注目される修復的司法―被害者と加害者との対話 〈p109〉
三 学校の「修復的実践」を通じて修復的司法を理解する 〈p118〉
終章 「悪さ」・「つまずき」・「失敗」を「育ちの栄養素」に変える「子ども文化」と「甦育」の視点 :
一 多様な視点から解明される子どもの「悪さ」 〈p130〉
二 「悪さ」対策の「健全育成」ではなく「野性味あふれる子ども文化」の復権へ 〈p136〉
三 「つまずき」や「失敗」を「育ちの栄養素」に変える営みとなる「甦育」 〈p145〉
《寄稿》 失敗する権利・やり直す権利・立ち直る権利―「子どもと司法」と〝健全育成〟(増山均) 〈p148〉
あとがき 〈p155〉